着任したら:サーバー選択~プレイヤー名の決定

チュートリアル】2014/3/5

 ここからは艦これの応募に当選し、鎮守府に着任したものとしてお話をさせて頂きます。
 着任、おめでとうございます。これからは自分の好きな艦娘を愛でたり、海域を攻略したり、建造に精を出したり、装備開発をする日々があなたを待っています。
 が、着任後まず最初にいくつかする事と、それからチュートリアルがありますので、簡単に説明をします。

 まず応募に当選した場合、自分の所属するサーバ-群を選ぶ必要があります。
 画面内にいくつかのサーバー名と、「満員」「着任可能」などのインフォメーションがありますので「満員」以外のサーバーを選んで下さい。
 サーバー選択についてですが、2014年3月5日現在、どのサーバーを選んでもゲーム的に影響を及ぼすものはありません。厳密に言えばあるのですが、普通にプレイする分には全く問題がないので、空いているサーバーの中で適当に選んでしまって問題はありません。

 そして、サーバーを選んだ後、最初に非常に重要な事があります。
 それは、プレイヤー名を決める事です。これは本名でもハンドルネームでも登録できるのですが、万が一スクリーンショットが他の人の手で晒されてしまう可能性を考えるとハンドルネームを使う事を強く推奨します。
 この「名前」が非常に重要なのは、次の理由があります。

 プレイヤー名は後から変更できません。

 なので、万が一本名で登録した場合、それから先ずっと本名が晒されるという事です。
 このゲームではほぼ唯一の対戦要素として同じサーバーのプレイヤーと「演習」という名の対戦を行う事ができ、その際にもプレイヤー名は表示されます。また、ランキングにもプレイヤー名が表示されます。
 自分で管理する範囲内ではなく、他プレイヤーの画面にプレイヤー名が表示される都合上、いつ匿名掲示板などにプレイヤー名が晒されないとも限りませんので、プレイヤー名は十分に考えてつける事をお勧めします。


着任したら:初期艦娘の選択

チュートリアル】2014/3/5

 サーバーを選択し、プレイヤー名を決定したらまず「最初に手に入る艦娘」を選ぶ必要があります。
 選んだ艦娘とはしばしのお付き合いになるので(その気になったらすぐバイバイできますが)、ヴィジュアル的に気に入った艦娘を選ぶ事をお勧めします。
 なお、ゲーム的な意味では5人の艦娘それぞれに「ちょっとした特徴」があるので、それを挙げておきますね。

・吹雪(ふぶき)
 初期の装備が他の4人に比べてちょっとだけ良い。しかし、すぐに手に入る装備なので大きな差はない。地味系でかわいい。
・叢雲(むらくも)
 特にゲーム的な特徴と言えるものはない。ツンツンでかわいい。私はこの艦娘を初期艦娘にしました。
・漣(さざなみ)
 他の4人に比べ、ちょっとだけ入手が難しい。しかし、そこまで難しくもないので大きな差はない。提督をご主人様呼ばわりするのて呼ばれたい方はぜひ。
・電(いなずま)
 特にゲーム的な特徴はないが、ゲームを進める中で「任務」を達成するのに必要となる。しかし普通に入手可能なので大きな差はない。個人的に超かわいい。
・五月雨(さみだれ)
 特にゲーム的な特徴と言えるものはない。清楚系でかわいい。

 ぶっちゃけて言うと、漣はちょっとだけ入手しづらいのでそれを優先して漣にするか、あるいは完全に趣味で「かわいい」「格好いい」と思う艦娘を選ぶのが一番です。
 艦これというゲームは総じてタイプ別の能力差がそれほど大きくなく、ヴィジュアル的・設定的・キャラ的に愛せる艦娘を選んで育てるのが良いのではないかと思います。


着任したら:チュートリアルは罠です。

チュートリアル】2014/3/5

 初期艦娘を選択したら、いきなりチュートリアルが始まります。
 しかし、一つだけ言っておきたい事があります。

チュートリアルは地味な罠です。

 どういう事かというと、ざっくり説明すると、チュートリアルは艦これをするにあたって普通に行われる一連の流れを無視した作りになっているのです。
 通常のプレイをすると、プレイの流れは以下の通りになります。

1)とにかくまずは「任務」を受ける。
2)「任務」に従って、「建造」「出撃」「開発」「補給」「入渠」などを行う。
3)「任務」を達成し、任務画面で「達成」ボタンを押して報酬を受け取る。

 しかしチュートリアルではいきなり「建造」をするように指示されるなど、ちょっと作りがおかしいのです。
 最初は「建造をしよう」と言われますので、まずはそれを無視して画面上にある「任務(クエスト)」を押して任務画面を開き、
任務
「はじめての建造」の横の空欄をクリックして「遂行中」にステータスを変え、それから母港画面に戻って「工廠」をクリックして工廠画面を開き、

 そして「建造」ボタンではなく画面右側にある「選択」ボタン
建造窓
をクリックして建造画面を出す事が必要です。

 建造画面では資材をいくつ入れるかを聞かれますが、最初は気にせずにすべての資材が30の状態で「建造開始」ボタンを押してしまって下さい。
初めての建造
 そうすると建造完了までの残り時間が表示されるので、そのまま待つか、残り時間の横にある「高速建造」ボタンを押して高速建造してしまって下さい。
(高速建造には高速建造剤が必要ですが、最初のウチはあまり気味なので最初の1回位は使ってしまって構わないと思います)
 残り時間が0になると「建造開始」ボタンが「Get」ボタンに変わるのでそれを押せば、新しい艦娘の誕生です。

 新しい艦娘が誕生したら、画面上の「任務(クエスト)」を押して任務画面を開くと「はじめての建造」の「遂行中」欄が「完了」に変わっているはずなので、そこをクリックして報酬を受け取って下さい。

 すべてのチュートリアルが一事が万事このような感じで正しい流れにそっていないので、無駄に行動して本来達成できる任務が未達成にならないよう、こまめに「任務(クエスト)」画面は確認するようにして下さい。

 そこだけ注意すれば、チュートリアルはそれほど難しくないと思います。
 チュートリアルにはもう一個だけ大きな罠があるので、それは次の記事に記載しますね。


着任したら:チュートリアルの罠~戦闘~

チュートリアル】2014/3/5

 さて、チュートリアル(と任務)を地道に進めていくと、まず初期艦娘で1人、「建造」で1人誕生し、「はじめての編成」任務を達成して「白雪」という艦娘が手に入り、合計3人の艦隊を作る事ができるようになっているはずです。
(運が悪いと最初の建造で「白雪」が出ているため、同じ艦娘は同じ艦隊に配置できないために2人の艦隊になっている可能性もあります)

 その後早速「はじめての出撃」任務とチュートリアルで「鎮守府海域」の「鎮守府正面海域」に出撃する事になります。
 最初の戦闘は何もする事なく黙って眺めている事になりますが、油断せずに戦闘開始から戦闘終了まで画面をちゃんと見ていて欲しいのです。
 何故かと言うと、艦娘がダメージを受ける可能性があるからです。

 艦娘のダメージには「普通のダメージ」と「小破」と「中破」と「大破」の4段階があり、「大破」状態で進撃(次の戦いに進む)すると艦娘が轟沈する可能性があります。
(同様に艦隊に「大破」者がいる状態で「出撃」すると最初の戦闘でも轟沈する可能性があります)
 轟沈した艦娘は艦隊から失われ、持っている装備も稼いだ経験点もすべて無に帰します。もしかしたら今後同じ名前の艦娘を入手できるかも知れませんが、LV1・経験点0のもはや別の艦娘になってしまいます。
 艦娘のダメージは戦闘中にしか確認できないので、戦闘画面はしっかりと見ておくようにして下さい。

 もしかしたら戦闘中画面が切り替わって「夜戦突入」「追撃せず」という選択肢が出るかも知れませんが、最初は何も考えずに「追撃せず」を選んで構いません。
 「夜戦」を選ぶと戦闘がもうちょっとだけ継続するのですが、「夜戦」では敵味方共に驚くほど高いダメージが叩きだされるので注意が必要です。
 なお、「夜戦」前に「大破」した場合(その戦闘中に大破した場合のみです)、「夜戦」で轟沈する事はない模様なので、どうしても勝利をもぎ取りたい時などは状況によって夜戦をしても構いません。

 最初の戦闘が(夜戦をしてもしなくても)終わった時、戦闘の評価が表示され、その後「進撃」「撤退」という選択肢が表示されます。
 この時点で誰かが「大破」していたら絶対に「撤退」して下さい。次の戦闘で「大破」した艦娘が轟沈する可能性があります(結構高いです)。
 そうでなければ普通に「進撃」してしまっても構いません。うまく行けばボスに辿り着き、もっとうまく行けばボスを倒して「鎮守府正面海域」をクリアし、次海域を開放できるかもしれません。

 最初の戦闘で「撤退」しても、2回目の戦闘が終わっても艦隊は母港画面に戻ってきますので、チュートリアルを進めて下さい。

 なお、注意して欲しいのですが、
・「中破」状態で進撃しても轟沈しない
・その戦闘で「大破」した場合、そのまま「夜戦」に突入しても轟沈しない
 と言うのは「一般的な定説」であり、100%絶対に轟沈しないという確約はどこにもありません。私は経験上2年半の間上記の認識で戦っていて轟沈者は1人も出ていませんが、0.00001%の可能性で轟沈しないとも言い切れない部分は否定出来ないので、安全策を取るのであれば
・「中破」状態では進撃しない
・その戦闘で「中破」した場合、そのまま「夜戦」には突入せず「追撃せず」を選ぶ
 という方法を取るのもアリです。
 「中破」未満では轟沈しないのは運営Twitterで確認がとれているので、その点は安心してもいいと思います。